県内の難病関連患者会

○炎症性腸疾患患者会(あしおと)
「あしおと」は、潰瘍性大腸炎やクローン病で悩んだり、困っている患者さん同士が集まり、情報を共有することにより、心配事の解消やQOLの向上を目的として平成15年5月に設立した患者会です。会報誌発行、レクリエーション、講演会、医療相談会、ピア相談会、交流会の開催などの活動をしています。

○全国心臓病の子どもを守る会山梨県支部
年々医療の進歩により、患者家族が少なくなっていますが、子供が成人になるまでの家族の会員で活動しています。年に数回専門医を招いて講演会や相談会を行っています。心臓病の子供をお持ちのお父さん、お母さん、一人で悩まないで同じ病気を持っている親同士で支え合いましょう。
会長 渡辺政文 連絡先:0555-24-3728

○日本てんかん協会山梨県支部
会員数60人
この会は、「てんかん」をもつ当事者(患者)、その家族および関係者たちが集まり、1999年(平成11年)6月に発足しました。
この会の主な活動は、1.てんかんの正しい知識の啓発 2.当事者およびその家族の療育支援 3.てんかんに関する調査研究
この会は、代表1人、副代表1人、事務局長1人、監事2人および世話人7人で構成され、世話人会で話し合いながら事業計画を実行しています。
代表 葛西ヨリ子 連絡先:055-285-3645

○山梨県腎臓病協議会(梨腎協)
昭和47年4月に通称山梨県腎友会として発足しました。 腎臓機能が悪化し、人工透析や腹膜透析治療で生命を維持している患者で構成している協議会です。透析患者の医療や福祉制度向上のための諸活動をしています。
<事務局>所在地:中北保健福祉事務所4F 電話番号:055-235-4308

○(網膜色素変性症)視覚障害者の横の会
会長 穗阪和宏 連絡先:0551-22-2754