重症難病患者入院施設

○重症難病患者入院施設確保事業

病状の悪化等の理由により、居宅での療養が極めて困難な状況になり、入院治療が必要となった重症難病患者に対し、適時に適切な入院施設の確保等が行えるよう、地域の医療機関の連携による難病医療体制が図られています。

実施の主体は、都道府県です。

対象者は、難治性疾患克服研究事業の対象疾患の患者さんです。

下記の難病医療拠点病院、難病医療協力病院は、重症難病患者のための入院施設として県が指定している医療機関です。

くわしい情報については、こちらでご確認下さい。

難病情報センターホームページ/各種制度・サービス概要

問合せ お住まいの住所を管轄する保健所

難病医療拠点病院、難病医療協力病院の整備状況(山梨県健康増進課資料 H22)

拠点病院 県立中央病院 中北医療圏 平成14年7月19日指定
山梨大学医学部附属病院 

 

中北医療圏 

 

平成21年10月8日指定 

(平成14年7月19日協力病院指定)

協力病院 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

市立甲府病院
社会保険山梨病院
甲府共立病院 平成15年5月23日指定
韮崎市立病院
巨摩共立病院 平成22年3月26日指定
山梨厚生病院 峡東医療圏 平成14年7月19日指定
飯富病院 峡南医療圏 平成15年5月23日指定
峡南病院 平成22年1月25日指定
富士吉田市立病院 富士東部医療圏 平成14年7月19日指定
山梨赤十字病院
大月市立中央病院
都留市立病院