ピアカウンセリング

ピアカウンセリング(Peer Counseling)とは 

仲間同士によるカウンセリングです。
同じような環境や立場、同じような状況や経験を共有する仲間の力や影響を利用したカウンセリングです。
同じ立場にたった同等な関係で相談者を支援する人を「ピアサポーター」と呼びます。
センターでは、平成18年からピアサポーターの養成に取り組んでいます。
ピアサポーター養成研修を受講し、ピアサポーターとしての能力を認められた方(ご本人、ご家族)が、難病ピアサポーターとして活動をしています。

○相談は無料です
○相談内容は、守秘義務を厳守いたします。
○申込・問合せ
事前予約が必要ですので、相談を希望される方は、電話あるいはFAXで申込・問合せください。

TEL&FAX:055-223-3241

○ピアサポーター研修を希望される場合は、上記に問い合わせください。

○現在 ピアカウンセリングが利用できる病気

パーキンソン病
ALS(筋萎縮性側策硬化症)
潰瘍性大腸炎
クローン病
脊髄小脳変性症(家族性痙性対麻痺含む)
多系統萎縮症
網膜色素変性症
膠原病(SLE、強皮症、ベーチェット病など)
多発性硬化症
後縦靭帯骨化症